足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※今日もまたつまらん話です

昨日のチャーさんは病院のはしご
近所の病院の前に、鍼の病院も行ってきました。
(11回目は記事にしそこねた・・・)

090605a.jpg

鍼治療を始める前。
チャーリーの麻痺について手術はしないと決めたものの、何もしないというのも飼い主的には不安なものです。

(今日も写真はおまけです
090605b.jpg

かかりつけ医院で提案されたのは、ステロイドを飲んで症状を抑えるorATPという薬で進行をやわらげるコト
ポーコ的にステロイドは絶対イヤだったので、ATPを飲ませていたんです。

鍼を打ち始めて最初の1ヶ月くらいは、薬が残っていたので、実は鍼+ATPだったんですね。

090605c.jpg

鍼を始めたばかりの頃、チャーリーの足に良い兆候が見られたのは、もしかしたら薬との併用がよかったのかもしれない。
と先生がおっしゃっていました。

ATPは血流をよくする働きがあるので、そこがよかったのではと。

090605d.jpg

で、昨日から新たに漢方薬を追加することにしたのです。
(なぜ今まで処方されなかったかというと、純粋に鍼の効果のみを判断するため)

まかがん(←あいまい)というそうですが、詳しく聞きそびれたので、また追々ご紹介できればと思います。
これもやはり、血流をよくするものだそうです。

090605e.jpg

イヤな匂いもなく(味も美味しいらしい)、チャーリーもご飯と一緒にパクっと食べてくれたので、まぁともあれ鍼+漢方でがんばってみましょうや!!

090605f.jpg

 emiさん、本当にフレブルのアサナは素晴らしいですね( ´艸`)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。