足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
20
(Sat)
先日、ワンコ用の牛皮ガムを頂いたのでお二人さんにあげてみた。



この手のガムは、チャーさん丸呑みしてしまうことが多く、
危険なので、歳をとってからは与えていなかったのですが、
せっかく頂いたし、久しぶりにね

案の定、結構な大きさのところで飲み込んでしまい
「やっぱりチャーリーには無理だなぁ」と再確認しました。。

となりでカミカミし続ける小僧が気になって仕方ない女

090620a.jpg

隙あらば奪おうと、目がギラギラ

090620b.jpg

おーい!ライナス危険だぞー。

090620c.jpg

ライナスをも喰いかねない勢いだったので、
隙を見てライ坊のは取り上げました

    
おとといの夜のこと。

このときの余ったガム(半分くらい)を、チャーリーが寝静まったトコロを狙ってライナスにあげていたのですが・・・

ライ坊の口に、全部収まる大きさまでになったので「飲んだら危ないなぁ」と思い、「頂戴」と言った途端

なんと丸呑みしてしまったんです
一瞬でしたが、喉に詰まってしまってライ坊キャーキャー泣きわめくし。。

運良く飲みこめたからよかったものの・・・

あー、こうして書いているだけでもまだ胸がドキドキする。。。

翌日(昨日のこと)獣医さんにエコーで見てもらったところ、
胃の中にそれらしきものが見えるけど、
胃まで来てしまえばとりあえず大丈夫でしょう、と。

牛皮ガムで腸閉塞になった話もあるそうなので、まだすっかり安心ではありませんが。。
でも嘔吐もないし、食欲も旺盛で元気満点、もやや少ない気はしますがほぼ正常なので、多分もう大丈夫だと思います。。。

正直、これは記事にしようか悩みましたが、
自分への戒めとして残しておくことにしました

食いしん坊のワンコに、ガムをあげるときは重々気を付けないといけませんね。。
(あ、でももう我が家では二度とガムはあげません・・・)

人間の子供やお年寄りでも、喉に何か詰まらせる事故ってあるけど、ワンコもそういう時どう対処したらいいんだろう・・・
もしものときのために、対応できるようになっとかないとな。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。