足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
28
(Sun)
b01.jpg

本日、ビーちゃんが虹の橋へと旅立ちました。
16歳と6ヶ月でした。

b02.jpg

犬嫌いのチャーリーの、本当に数少ないお友達のひとりでした。

マイペースで優しくて頑固で可愛いおばあちゃん。

よくがんばったね。
おつかれさま。
あなたは皆の憧れであり目標です。

そっちでみんなを待っててね。

写真はちょうど一月前の、雨上がりの風景です。
スポンサーサイト
2009.06
28
(Sun)
昨日はにんげんに用事がありましたので、
チャーさんとライ坊、やや長時間のお留守番とあいなりましたとさ。

090628a.jpg

まぁ、ライナスはケージ内から出られませんから、
多少の難(食)はあっても、おりこうにしていたようです。
ペットシーツももう悪戯できないしね

むしろダメなのはこのひとですね

090628b.jpg

ひとしきり泣きわめいた後、部屋を少々荒らした形跡もあり。
昨日からお腹も壊し気味でございます

チャーリーの分離不安が悪化している気がする・・・

要因はライ坊の登場なのか、ポーコが毎日家にいるようになったコトなのか。
両方かもしれませんね

  昨日の夜のこと  
リビングで遊んでいたライ坊が、おもむろに水を飲みにケージに戻ったかと思うと・・・

090628c.jpg

なんとそのままトイレでチッコしたんです~
  

自らトイレに戻ってチッコしたのは初めてのこと
まぐれかもしれませんが、嬉しい出来事でした

090628d.jpg

う~ん、それはまだちょっと・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。