足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチプチプチっと抜糸をしたライ坊と一緒に、
チャーさんも皮膚病やあれこれの診察をしてもらいました。

091007a.jpg

キャバリアの宿命ともいうべき、僧帽弁閉鎖不全症。

チャーリーは一年前くらいに初めて「逆流性の雑音がある」と言われましたが、ついにこの言葉を聞く日がやってきてしまいました。

「そろそろお薬飲み始めましょう」

091007b.jpg

エコーでチェックしてもらったところ・・・

僧帽弁はまだ完全にダメにはなっていません。
ちょい緩んでる程度だそう。
ただ心臓が少々肥大してきてしまいました。

091007c.jpg

まだ悲観するほど症状は悪化していませんし、
咳もそんなには気になりません。

でも、やっぱり「ついに来たか~」とちょっぴり凹みますね。。

091007d.jpg

ま、チャーさんのご飯にトッピングが増えただけと思って頑張りまっしょい

ちなみに皮膚病のほうは良くも悪くもなってません
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。