足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんの応援コメントとポチ、それからメールをくださった皆様。
本当にありがとうございます。
すごく元気付けられましたし、チャーさんにも伝わってると思います。

今朝のチャーさんを動画で

※他のワンちゃん達が激しく吠えてます(´Д`ι)


携帯で撮ったので、とてつもなく画像が悪いですが・・・
食後にお水をガブガブ飲んでいるところです。

せっかく(?)なので、今日は私の携帯に入っている
チャーさんシリーズをお届けします

クールビューティ
100722a.jpg

緊急入院になってしまった原因ですが、
「尿毒症」になってしまったからです。。

体重が減ってきていたのも、
食欲がなくなってきていたのも、
最近ひどく目ヤニが出ていたのも、
枕が(臭い)涎で汚れていたのも、
夜中たまに嘔吐していたのも、
全部BUN(=血液尿素窒素)値が上がっていたことによるものでした。

口タプ両巻き込み
100722aa.jpg

正常値が10~28位のところ、チャーさんは130。。
あまりに動揺していて、クレアチンの方は失念してしまいましたが・・・

とにかく一刻を争う状態でしたので、
3日間(位?)入院して、輸液の点滴でBUNを下げることに。

先代リサガスカート
100722b.jpg

少しずつ兆候はあったのに、ちゃんと対応してあげられなかった
全て私の責任です。。

寂しがり屋(分離不安とも言う)のチャーリーを入院させるなんて・・・
ゴメンナサイ。
チャーさん、本当にゴメンナサイ。。。

動物病院、付き添いのライ坊と
100722c.jpg

昨日一日点滴して、少しずつ食欲が戻ってきているような気がします。
今朝も腎臓サポートの缶詰をしっかりガツガツ食べてました

先生が、後でまた血液検査をすると言っていたので
夕方お見舞いに行く時に、点滴の効果が出ているのかどうか分かると思います。

外だとイキイキするチャーさん
100722d.jpg

ブログに訪問してくださる皆様にも、ご心配をお掛けしていますので
とりあえずの経過報告です。

昨日のチャーリー
100722e.jpg

今後のことは、今日の検査結果次第ですね・・・

とはいえ、尿毒症になっているということは
すでに腎機能が相当低下しているということ。。

私ももっと気持ちをしっかり持って、現実を受け止めねば。
(↑と、自分に言い聞かせてます)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。