足の麻痺、逆流性の心雑音、膿皮症、最後は腎不全。
病気の多いシニアライフでしたが、毎日を楽しんだチャーさんの記録です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ランキングは参加してませんが・・・ポチると可愛いキャバちゃんたくさん居るよ!

--.--
--
(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
09
(Sat)

3日前にブログに載せた写真が、
生前最後の写真となってしまいました。

ちょうど、日付が今日に変わったころ。
チャーリー14歳5ヶ月と20日で、その犬生を終えました。

    

この3日間、起きてる間はずっと苦しく、
眠ってもすぐに起きてしまうような状態だったのですが・・・
そんな中でも
「いつにしようかな」
と考えていたのだと思います。

昨日はポー太郎さんが仕事を調整してお休みしてくれたため、
たっぷり丸一日一緒に居られました。

今日は夜遅くまで帰ってこれない、ということも分かってたのでしょう。
次のお休み(明日)までは頑張れないことも。

ポーさんがベッドに入る直前
そして私が一人(夜中に備えて)眠っている間(!)に
眠るように逝ってしまったそうです。

「何も言わずに逝くなんてヒドイじゃない」
とチャーリーに言いましたが、
きっと二人っきりの時に逝きたかったのでしょう。
最期に鳴いたり苦しんだりしたら、
ポーさんが私を呼びに行ってしまうだろうから、ひっそりと。

まったく、チャーさんにはヤラレタワ。。

101009a.jpg

あんなに苦しかったのが嘘みたいに、
今はいつもの穏やかな美人顔で眠っています。

明日の朝、お見送りします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。